株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアへの電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら

エロフィンを付けた場合、何が変わりますか?

 

フィンの有無によって変化するのはヒーター表面温度です。

例えば、同3W密度程度のヒーターで、
フィン無の場合、ヒーター表面温度は550°Cほどになりますが、
フィン有の場合はヒーター表面温度は340°C程度となります。

フィンを付ける目的は放熱量のアップではなく、
ヒーター表面を増やしてW密度を下げ、ヒーターの持ちをよくすることにあります。

これを踏まえて、ヒーターシースを太くするということは(同容量であれば)ヒーターの表面積を増やすことです。
(巻き付けるフィン材も単純に多くなりますので、これも表面積を増やすことにつながります)
ヒーター表面積が増えれば、ヒーターのW密度も下がり、より安全な(切れない)ヒーターとなります。

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア技術資料|お問い合わせ

技術資料ラインナップ

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術