シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術

シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 製品情報
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 システム
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 会社案内
電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術トピック
  • 2020年9月22日:

    ・半導体・液晶用のヒーターならシーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術のヒーターをお使いください。専用の設計による温度分布を均一にするヒーターをご用意いたします。こちらは国内自社生産となっており、様々な形状、電圧、容量に対応しており、カスタマイズが可能な製品です。

  • 2020年9月14日:

    ・雰囲気(空気)の加熱ならシーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術のフィンヒーターがおすすめです。弊社のフィンヒーターは全て国産自社生産です。また、いかなる形状、電圧、容量にも対応しており、カスタマイズ可能な製品となっています。

  • 2020年9月8日:

    カートリッジヒーターのことならシーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術におまかせください!全て国内自社生産で高品質です。各種サイズ、電圧に対応が可能です。

  • 2020年8月31日:

    ・粗密巻きカートリッジヒーターとは一般のカートリッジヒーターと違い、一本のヒーターで部分的に容量(発熱量)を変えたヒーターです。

  • 2020年8月24日:

    ・シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは金型、金属ブロックの加熱、ダイス・印字加熱(パッキング装置、ホットスタンプ)などに使用ができます。
    ・シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術のシーズヒーターで使用する電気断熱材は当社オリジナル配合の他ではマネのできない電気断熱材となります。ぜひ一度使用してみてください。他社との違いがわかるはずです。

  • 2020年8月11日:

    カートリッジヒーターはニクロム線を金属パイプ(シース)で覆ったヒーターです。
    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術ではカートリッジヒーターの製造、販売を行っています。

  • 2020年8月3日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術ではカートリッジヒーターの制作も始めました。今までシーズヒーターで培ってきた技術をカートリッジヒーターにも応用させ、熱電効率の高く、様々な状況でもしっかり温められるカートリッジヒーターとなっております。

  • 2020年7月27日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは金型、金属ブロックの加熱、ダイス・印字加熱(パッキング装置、ホットスタンプ)などに使用ができます。

  • 2020年7月17日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作られるシーズヒーターのシーズ部分はステンレス鋼、インコネル鋼、チタン鋼、アルミなど様々な素材で作ることが可能です。

  • 2020年7月7日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは標準型、フランジ取付型、熱電対取付型、粗密巻きカートリッジヒーターなど様々なバリエーションに対応可能です。また、仕上がり径もかなりのバリエーションがありますので、一度お問い合わせください。

お問合せ

お名前 (必須)

 

貴社名 (必須)

 

メールアドレス (必須)

 

ご住所

 

電話番号

 

FAX番号

 

お問合せ事項 (お見積、資料請求、ご質問・ご相談等)

 

お問合せ内容 (自由にご記入ください)
※お見積、ご相談の場合、可能な範囲で詳しい仕様を下記にご記入ください。
仕様例;使用場所・使用環境、被加熱物(流体の場合は流量、気体の場合は圧力)、加熱温度範囲と昇温時間、ヒーター取付方法・形状・材質、電源電圧・相数、ヒーター容量、温度制御要否、保温(断熱)要否、ヒータ数量


 

図面などがございましたらアップロード可能です(より詳細なお見積りが可能です)
※JPG、PDF画像に限りアップロード可能です。

 

画像認証(下記画像と同じ文字を入力してください。)
captcha

 

お客様送信後、営業より返信させていただきます

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術