株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら
トピック
  • 2021年7月16日:

    今回より新たに今まで弊社に来たお問い合わせとお問い合わせに合わせた弊社のソリューションを制作例として掲載を始めます。是非御覧ください!

  • 2021年7月9日:

    様々な場所で使用される投げ込みヒーターもヒーターのパイオニアである熱学技術にお任せください!投げ込み先の液体、上げたい温度などを判断して最適な投げ込みヒーターをご提供いたします。

  • 2021年7月2日:

    ヒーターを発注する最は比熱計算、熱量計算など非常に多くの計算をして発注をするのはとてもむずかしいですね…。産業用ヒーターのパイオニアである熱学技術では熱計算のスペシャリストがいますのでどのような物を何度まで上げたい。などある程度アバウトな情報を頂戴できましたらあとは弊社のスペシャリストが堅実なヒーターの選出と設計を行います。

  • 2021年6月25日:

    世界各国の電圧は国によってマチマチです。今回の技術情報は主要国の電圧を纏めました。是非見て下さい!

  • 2021年6月18日:

    シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアである株式会社熱学技術のフランジヒーターはJIS企画に沿ったフランジを使用しているので、取り付け側にフランジをつけることにより特殊な工具や治具を使用しなくても取り付けることができます。
    サーモスタット取付型、結線横出し型、ヒーターの長さ、電圧などが変更可能なので、お客様の所に届いてすぐ使用が可能です。

  • 2021年6月11日:

    高温の炉内を熱するためのヒーターはシーズヒーターフィンヒーターダクトヒーターなどがございます。これらのヒーターを用途、設置場所などにより使い分けます。

  • 2021年6月4日:

    バンドヒーターはプラスチックなどの射出成型機や押出成形機のシリンダー部などにある、円筒状の被加熱物を加熱に使用します。

  • 2021年5月28日:

    ダクトヒーターシーズヒーターまたはフィンヒーターを応用して製作する気体加熱用ヒーターで熱風装置・加熱炉・暖房装置・乾燥機等の熱源として用いられます。

  • 2021年5月21日:

    シーズヒーターは⾷品加⼯業、プラスチック製造加⼯業、塗装業、繊維加⼯業、⾃動⾞部品製造業、造船業、印刷関連業などで使用されています。

  • 2021年5月14日:

    工業製品の製作過程には必ずと言って良い程、熱を加える工程があり、それらの工程に安全安心なシーズヒーターが使用されることが多いです。

よくある熱学技術株式会社への依頼・問い合わせ例のご紹介

 

Q.気体(空気)を加熱したい

【対応可能な製品】
シーズヒーター
フランジヒーター
プラグヒーター
フィンヒーター
【空気加熱に向いている被覆材質】
■SUS304 650℃
弊社の標準パイプ。耐食性、溶接性、機械的性質、コストのバランスが良好。

【気体別融点沸点一覧表】

物質 融点℃ 沸点℃
亜酸化窒素 -91 -90
アセチレン -84 -82
亜硫酸ガス -73 -10
アルゴン -78 -186
アンモニア -116 -34
一酸化炭素 -205
エタン -184 -89
エチレン -169 -104
塩化水素 -114 -85
塩化窒素 -164 -152
塩素 -103 -34
酸素 -219 -183
水素 -259 -253
炭酸ガス -56.6 -78.5
窒素 -210 -196
ネオン -249 -246
弗素 -223 -188
プロパン -190 -45
ヘリウム -272 -269
メタン -183 -164
硫化水素 -86 -61

 

【各種気体の熱的性質】

物質 温度 比重量
(g/㎤)
気体の場合はkg/㎡
7600mmHg
比熱
(kcal/kg℃)
熱伝導率
(kcal/mh℃)
温度伝導率
(㎡/h)
空気 20 1.164 0.242 0.022 0.213
100 0.916 0.244 0.026 0.328
200 0.723 0.247 0.0362 0.494
400 0.508 0.253 0.042 0.901
500 0.442 0.257 0.046 1.135
600 0.391 0.26 0.05 1.363
加熱蒸気 100 0.578 0.486 0.02 0.0717
200 0.451 0.469 0.026 0.122
300 0.302 0.477 0.0325 0.1776
400 0.316 0.49 0.037 0.24
500 0.275 0.506 0.513 0.308
水素(H2) 0 0.087 3.39 0.144 0.486
200 0.05 3.47 0.221 1.28
窒素(N2) 0 1.211 0.249 0.021 0.0687
200 0.699 0.252 0.033 0.186
炭酸ガス(CO2) 0 1.912 0.198 0.013 0.033
200 1.103 0.238 0.026 0.101
酸素(O2) 0 1.382 0.219 0.02 0.065
一酸化炭素(CO) 0 1.21 0.249 0.02 0.066
100 0.886 0.25 0.026 0.118
アンモニア(NH2) 0 0.746 0.512 0.019 0.049
100 0.54 0.535 0.029 0.099
亜硫酸ガス(SO2) 0 2.83 0.149 0.007 0.017
100 2.06 0.161 0.01 0.031

【気体別の許容ワット密度について】

名称 ワット密度
空気、気体中
300℃流速1m/sec
5
空気、気体中
300℃流速3m/sec
6

【気体(空気)加熱の適切な表面処理について】
①遠赤外線加工
セラミックス溶射加工・セラミック塗料コーティング加工により遠赤外線効果の強調したもの

②表面処理無
空気加熱などの使用途で、液面にヒーターが触れない場合、スケールの除去は行わない

③電解研磨加工
表面を電気化学的に溶解させることで研磨面をクリーンなものにし、加工による変質層を除去し、また、クロムを濃縮しながら酸化皮膜を再生するため、より強固な皮膜ができる。
食品加熱・クリーンルーム向け。

【対流について】
対流がない場合、対流がある場合に比べヒーターの表面温度が上がりやすい。

許容ワット密度(エロフィン付)SUS材
最高使用
温度
ワット密度
無風時 50℃ 9.3
100℃ 8.9
200℃ 8
300℃ 6.8
350℃ 6
400℃ 5
450℃ 3.8
500℃ 2
1.5m/sec時 50℃
100℃
200℃ 9.2
300℃ 7.8
350℃ 6.9
400℃ 5.8
450℃ 4.3
500℃ 2.6
3m/sec時 50℃
100℃
200℃
300℃ 8.9
350℃ 7.9
400℃ 6.5
450℃ 5
500℃ 3
5m/sec時 50℃
100℃
200℃
300℃
350℃ 9
400℃ 7.3
450℃ 5.8
500℃ 3.8
許容ワット密度(エロフィン無)SUS材
最高使用
温度
ワット密度
無風時 50℃ 3.7
100℃ 3.5
200℃ 3.2
300℃ 2.7
350℃ 6
400℃ 5
450℃ 3.8
500℃ 2
550℃ 0.5
1.5m/sec時 50℃ 4.4
100℃ 4.2
200℃ 3.6
300℃ 3
350℃ 2.6
400℃ 2.3
450℃ 1.9
500℃ 1.4
550℃ 0.7
3m/sec時 50℃ 5.1
100℃ 4.8
200℃ 4.2
300℃ 3.5
350℃ 3
400℃ 2.5
450℃ 2
500℃ 1.5
500℃ 0.9
5m/sec時 50℃
100℃ 5.5
200℃ 4.7
300℃ 3.9
350℃ 3.9
400℃ 2.9
450℃ 2.4
500℃ 1.8
500℃ 1.1

その他の依頼・問い合わせ例のご紹介(クリックすると各解答に移動します)

お問合せ
株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術