シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 製品情報
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 システム
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 会社案内
電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術トピック
  • 2018年2月16日:

    産業用シーズヒーターの熱学技術のフィンヒーターはシーズヒーターの周りにフィンを装着することにより放熱効果を大きくでき、気体加熱に最適なヒーターとなっています。

  • 2018年2月9日:

    産業用シーズヒーターの熱学技術で作られるアルミ鋳込みヒーターは耐振動性、耐衝撃性及び耐久性が非常に高く、相当過酷な使用にも耐えられる構造となっています。

  • 2018年2月2日:

    プラスチック加工の世界でも産業用シーズヒーターの熱学技術の製品が使われています。主に鋳込みヒーターというアルミ鋳込みの中にシーズヒーターを鋳込んだものが使われます。

  • 2018年1月26日:

    産業用シーズヒーターの熱学技術ではシーズヒーターを3Dに曲げることもあります。この3次元に曲げることにより、今まで以上に均等に熱を伝えることができるようになります。

  • 2017年12月23日:

    冬のコンビニの風物詩、中華まん保温器にも業務用・産業用ヒーターの熱学技術の電熱ヒーター・シーズヒーターが使われています。次回コンビニに行った際にどこにシーズヒーターが入っているか確かめてみてください。

  • 2017年12月16日:

    寒いこの季節、水道管が凍らないように温める装置にも産業用ヒーターの熱学技術のシーズヒーターが使われています。

  • 2017年12月2日:

    産業用ヒーターの熱学技術の職人は一人ひとりがプロフェッショナルの集団です。難しい形状のシーズヒーターも職人が丹精込めて作っています。

  • 2017年11月18日:

    熱学技術の産業用シーズヒーターは、サウナでかんかん言っています。水をかけてはいけません。

  • 2017年11月11日:

    熱学技術の産業用シーズヒーターは、温水プール施設でお湯をつくって遊んでいます。

  • 2017年11月3日:

    熱学技術の産業用シーズヒーターは、外気にさらされて、タフに使いたいあなたへ。

依頼・問合 気体 空気 加熱

Q.気体(空気)を加熱したい

【対応可能な製品】
カートリッジ型
プラグヒーター
板フランジ付ヒーター
JIS規格フランジ型
エロフィン付ヒーター
遠赤外線ヒーター

【空気加熱に向いている被覆材質】
■SUS304 650℃
弊社の標準パイプ。耐食性、溶接性、機械的性質、コストのバランスが良好。

【気体別融点沸点一覧表】

物質 融点℃ 沸点℃
亜酸化窒素 -91 -90
アセチレン -84 -82
亜硫酸ガス -73 -10
アルゴン -78 -186
アンモニア -116 -34
一酸化炭素 -205
エタン -184 -89
エチレン -169 -104
塩化水素 -114 -85
塩化窒素 -164 -152
塩素 -103 -34
酸素 -219 -183
水素 -259 -253
炭酸ガス -56.6 -78.5
窒素 -210 -196
ネオン -249 -246
弗素 -223 -188
プロパン -190 -45
ヘリウム -272 -269
メタン -183 -164
硫化水素 -86 -61

 

【各種気体の熱的性質】

物質 温度 比重量
(g/㎤)
気体の場合はkg/㎡
7600mmHg
比熱
(kcal/kg℃)
熱伝導率
(kcal/mh℃)
温度伝導率
(㎡/h)
空気 20 1.164 0.242 0.022 0.213
100 0.916 0.244 0.026 0.328
200 0.723 0.247 0.0362 0.494
400 0.508 0.253 0.042 0.901
500 0.442 0.257 0.046 1.135
600 0.391 0.26 0.05 1.363
加熱蒸気 100 0.578 0.486 0.02 0.0717
200 0.451 0.469 0.026 0.122
300 0.302 0.477 0.0325 0.1776
400 0.316 0.49 0.037 0.24
500 0.275 0.506 0.513 0.308
水素(H2) 0 0.087 3.39 0.144 0.486
200 0.05 3.47 0.221 1.28
窒素(N2) 0 1.211 0.249 0.021 0.0687
200 0.699 0.252 0.033 0.186
炭酸ガス(CO2) 0 1.912 0.198 0.013 0.033
200 1.103 0.238 0.026 0.101
酸素(O2) 0 1.382 0.219 0.02 0.065
一酸化炭素(CO) 0 1.21 0.249 0.02 0.066
100 0.886 0.25 0.026 0.118
アンモニア(NH2) 0 0.746 0.512 0.019 0.049
100 0.54 0.535 0.029 0.099
亜硫酸ガス(SO2) 0 2.83 0.149 0.007 0.017
100 2.06 0.161 0.01 0.031

 

【気体別の許容ワット密度について】

名称 ワット密度
空気、気体中
300℃流速1m/sec
5
空気、気体中
300℃流速3m/sec
6

 

【気体(空気)加熱の適切な表面処理について】
①遠赤外線加工
セラミックス溶射加工・セラミック塗料コーティング加工により遠赤外線効果の強調したもの

②表面処理無
空気加熱などの使用途で、液面にヒーターが触れない場合、スケールの除去は行わない

③電解研磨加工
表面を電気化学的に溶解させることで研磨面をクリーンなものにし、加工による変質層を除去し、また、クロムを濃縮しながら酸化皮膜を再生するため、より強固な皮膜ができる。
食品加熱・クリーンルーム向け。

【対流について】
対流がない場合、対流がある場合に比べヒーターの表面温度が上がりやすい。

許容ワット密度(エロフィン付)SUS材
最高使用
温度
ワット密度
無風時 50℃ 9.3
100℃ 8.9
200℃ 8
300℃ 6.8
350℃ 6
400℃ 5
450℃ 3.8
500℃ 2
1.5m/sec時 50℃
100℃
200℃ 9.2
300℃ 7.8
350℃ 6.9
400℃ 5.8
450℃ 4.3
500℃ 2.6
3m/sec時 50℃
100℃
200℃
300℃ 8.9
350℃ 7.9
400℃ 6.5
450℃ 5
500℃ 3
5m/sec時 50℃
100℃
200℃
300℃
350℃ 9
400℃ 7.3
450℃ 5.8
500℃ 3.8
許容ワット密度(エロフィン無)SUS材
最高使用
温度
ワット密度
無風時 50℃ 3.7
100℃ 3.5
200℃ 3.2
300℃ 2.7
350℃ 6
400℃ 5
450℃ 3.8
500℃ 2
550℃ 0.5
1.5m/sec時 50℃ 4.4
100℃ 4.2
200℃ 3.6
300℃ 3
350℃ 2.6
400℃ 2.3
450℃ 1.9
500℃ 1.4
550℃ 0.7
3m/sec時 50℃ 5.1
100℃ 4.8
200℃ 4.2
300℃ 3.5
350℃ 3
400℃ 2.5
450℃ 2
500℃ 1.5
500℃ 0.9
5m/sec時 50℃
100℃ 5.5
200℃ 4.7
300℃ 3.9
350℃ 3.9
400℃ 2.9
450℃ 2.4
500℃ 1.8
500℃ 1.1

 

その他の依頼・問い合わせ例のご紹介(クリックすると各解答に移動します)

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術