シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 製品情報
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 システム
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 会社案内
電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術トピック
  • 2018年9月12日:

    粗密巻きカートリッジヒーターは熱版など周辺部の放熱が大きいものの加熱に放熱の大きい先端部と後端部の容量を放熱の小さい中央部よりも大きくしたヒーターを使用することにより均一な温度に加熱することができます。

  • 2018年9月5日:

    粗密巻きカートリッジヒーターとは一般のカートリッジヒーターと違い、一本のヒーターで部分的に容量(発熱量)を変えたヒーターです。

  • 2018年8月29日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは標準型、フランジ取付型、熱電対取付型、粗密巻きカートリッジヒーターなど様々なバリエーションに対応可能です。また、仕上がり径もかなりのバリエーションがありますので、一度お問い合わせください。

  • 2018年8月22日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターはホットプレート、溶着シール(包装・パックシーリング等)加熱、液体加熱などに使用ができます。

  • 2018年8月15日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは金型、金属ブロックの加熱、ダイス・印字加熱(パッキング装置、ホットスタンプ)などに使用ができます。

  • 2018年8月8日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは優れた耐久性・堅牢性・耐衝撃性・耐振動性を持っています。

  • 2018年8月1日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターの中にも電気断熱材が入っており、こちらも当社オリジナル配合の電気断熱材となっております。

  • 2018年7月25日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術ではカートリッジヒーターの制作も始めました。今までシーズヒーターで培ってきた技術をカートリッジヒーターにも応用させ、熱電効率の高く、様々な状況でもしっかり温められるカートリッジヒーターとなっております。

  • 2018年7月18日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作られるシーズヒーターのシーズ部分はステンレス鋼、インコネル鋼、チタン鋼、アルミなど様々な素材で作ることが可能です。

  • 2018年7月11日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術のシーズヒーターで使用する電気断熱材は当社オリジナル配合の他ではマネのできない電気断熱材となります。ぜひ一度使用してみてください。他社との違いがわかるはずです。

依頼・問合せ例 シーズヒーターはどこで使われている?

シーズヒーターはどこで使われている?

私たちの生活を改めて見回してみると、便利な工業製品であふれています。それらの工業製品の製造過程では、ほとんどすべてが「加熱」という工程を経て製造されています。
わかりやすく身近なコンビニエンスストアの中を取り上げてみますと、コーヒーサーバーや、ホットドリンク、冷蔵庫、店内調理器具などの温冷蔵機器が最初に目につくでしょうか。

また各商品の製造過程では加熱工程はあります。さらに食品だけでなくペットボトルなどプラスチック容器の製造でも加熱工程は必須です。

更に周りをみると、床材であるセラミックタイルは、高熱で焼き上げられるものであるし、看板の素材であるアクリルは加熱した液体の樹脂を金型に流し込み、時間を掛けて凝固・成型を行うものです。

素材にまで話が及ぶと、塩化ビニール、アクリル樹脂、ポリカーボネード、ポリプロピレン、ポリエチレンなどのプラスチック素材はもちろん、金属製造、紙の製造、布の製造に至るまで、身の回りにある、ありとあらゆる工業製品は加熱という工程を経て製造されていることがわかります。
加熱には火を使うか電気を使うかの選択肢がありますが、電気その中でも特にシーズヒーターは制御がより簡単で安全ですので幅広い用途で活躍しています。

その他の依頼・問い合わせ例のご紹介(クリックすると各解答に移動します)

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術