株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら
トピック
  • 2022年9月30日:

    HL型のカートリッジヒーターを可動部に使用するとリード線と電線の接続部が切れやすくなります。

  • 2022年9月25日:

    ステンレス(SUS304)などのカートリッジヒーターは使用していると表面が黒いススのようなものが付着するのを防ぐためには、NCF800のシースに変えることによりある程度防ぐことができます。

  • 2022年9月16日:

    ステンレス(SUS304)などのカートリッジヒーターは使用していると表面が黒いススのようなものが付着してきます。これは表面の酸化皮膜が剥離したものです。

  • 2022年9月9日:

    カートリッジヒーターを真空中で使用するためには、ヒーター端子部をハーメチック碍子で完全密封する方法、真空フランジを使用して、ヒーター端子部を大気中に出す方法があります。

  • 2022年9月2日:

    カートリッジヒーターは真空内で使用すると10~20時間で破裂してしまうのは、ヒーター内の空気が徐々になくなり、絶縁物の耐電圧が低下し、異極間でショートしているからです。

  • 2022年8月26日:

    カートリッジヒーターの故障原因として、シースに腐蝕性の物質が付着し、ピンホールができ液体などが侵入して絶縁低下が起きます。

  • 2022年8月19日:

    カートリッジヒーターの故障原因として、空焼き状態が続くことにより内部のニクロム線が断線したり、絶縁粉末の黒化現象が起き、故障いたします。

  • 2022年8月12日:

    カートリッジヒーターの故障原因として、異常な高温になった際にニクロム線からクロムが析出し、絶縁粉末のマグネシアに混入すると黒化現象を起こし、断線または絶縁不良となります。

  • 2022年8月5日:

    カートリッジヒーターの故障原因として、シース内の絶縁粉末のマグネシア(MgO)が高温により絶縁破壊する。こちらは経年劣化若しくはワット密度選定の誤りによるものになります。

  • 2022年7月29日:

    カートリッジヒーターの故障原因として、長時間の使用により、内部のニクロム線が酸化、通電による劣化により、線径が細くなり断線することがあります。

柿内先生のYoutubeに弊社を取り上げていただきました。

製造業カイゼンのプロフェッショナル、日本カイゼンプロジェクトの会長である柿内先生のYoutube動画に弊社のカイゼン活動を取り上げていただきました。
 

 
柿内先生プロフィール
1951年東京生まれ
(株)柿内幸夫技術士事務所
所長としてモノづくりの改善を通じて、世界中で実践している。
日本経団連の研修講師も務める。
 
経済産業省先進技術マイスター(平成29年度)
柿内幸夫技術士事務所 所長 改善コンサルタント
工学博士 技術士(経営工学)
多摩大学ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学大学院ビジネススクール(KBS)特別招聘教授
(2011~2016)
静岡大学客員教授
 
柿内先生Webサイト
 
日本カイゼンプロジェクト

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術