株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら
トピック
  • 2022年6月24日:

    水加熱用ヒーターに付着するカルシウムスケール炭酸カルシウム硫酸カルシウムなどがあります。水中に溶けているカルシウムがほかの物質と結びつくことでできるのが特徴です。例えば、炭酸カルシウムなら、水中に溶けている二酸化炭素と結びついてできます。

  • 2022年6月17日:

    水加熱用ヒーターに付着するシリカスケールは二酸化ケイ素が塩基と結びついてできるスケールです。主にケイ酸カルシウムやケイ酸マグネシウムなどがあります。

  • 2022年6月10日:

    水加熱用ヒーターに付着するスケールにはシリカスケールとカルシウムスケールの2種類があります。

  • 2022年6月3日:

    水加熱用ヒーターにはスケールと呼ばれる付着物がつきます。こちらを定期的に除去することにより熱効率が上がります。

  • 2022年5月27日:

    流れない空気を1時間で目的の温度に加熱する為に必要なヒーター電力の確認は「加熱電力早見表:流れない空気」を御覧ください。

  • 2022年5月20日:

    気体の熱伝導率を調べたい場合は技術情報の「気体の熱伝導率」を御覧ください。

  • 2022年5月13日:

    気体加熱に適した被覆材は「SUS304」です。弊社の標準パイプとなり、耐食性、溶接性、機械的性質、コストのバランスが良好です。

  • 2022年5月6日:

    気体沸点を調べたい場合は技術資料より「気体別融点沸点一覧表」をご確認ください。

  • 2022年4月29日:

    気体を温めるために熱学技術では「シーズヒーター」「フランジヒーター」「プラグヒーター」の3種類をラインナップしています。

  • 2022年4月22日:

    シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のシーズヒーターの中にある絶縁用のパウダーは弊社独自配合の絶縁パウダーとなっており、これが効率的に熱を伝えつつ、高耐久を誇る第1の要因となっており、多くの企業様からリピート注文を頂戴します。

弊社の環境方針を制定します。

 

                熱学技術 環境方針

 

株式会社熱学技術は、工業用電熱ヒーター、シーズヒーター及び熱関連装置の設計・開発並びに製作を手掛けてきました。私たちの製品に関する姿勢は、一つひとつの製品製造に置いて真摯な姿勢で取り組み、製品品質の向上と環境保全を図ることにより、お客様の満足を得つとともに地域社会いに対する責任を果たすことにあります。

私は、当社の事業かつ層にISO14001国際規格に準拠した環境マネジメントシステムを導入し、このシステムを効果的に推進するための指針として、環境方針を下記に制定します。

1.事業活動に適用される環境に関する法律やその他の要求事項を熟知し、それら要求事項を順守する。

2.環境負荷の低減を図るため、省エネルギー、省資源化を目指した事業活動を行う。

3.事業活動における廃棄物の減量化を進めると共に、生産工程における環境負荷並びに不良率の削減に積極的に対応することにより汚染の予防を図る。

4.環境マネジメントシステムの継続的改善と有効性を維持するために目的・目標を設計し、定期的に見直しをする。

5.全従業員に環境方針を周知徹底し、環境保全に対する意識の向上を、全員参加の5S活動(整理・整頓・清掃・定位置・定量・定品)を通じて実践する。

                                       2013年4月15日

                                       株式会社熱学技術
                                    代表取締役社長 八木幸子

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術