株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら
トピック
  • 2021年3月5日:

    シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のカートリッジヒーターは電気窯やオーブン、電気炉などの厨房機器、空調/冷暖房装置、鋳込みパーツ、プレス常盤などで幅広く使用されています。
    現在使用されている方で高品質のカートリッジヒーターが必要な方は是非お問い合わせください。

  • 2021年2月25日:

    株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアカートリッジヒーターは金型加熱及び刻印加熱・溶着シール用熱盤ホットプレート・成型金型ローラー加熱・液体加熱・熱交換器の加熱源として使用されます。一般的に金属に穴加工を施し、その中にヒーターを挿入し使用します。 その他、ネジ部やフランジ部を上部に設け、水加熱やフィンを付けることにより気体(空気)加熱にも使用できます。

  • 2021年2月17日:

    乾燥用(気体加熱)ヒーターなら工業用ヒーターの熱学技術にお任せください!シーズヒーターフィンヒーターダクトヒーターなど様々な形状でご対応させていただきます。また全てオーダーメイドで対応が可能です。また、必要に応じて遠赤外線コーティングを施すことも可能です。

  • 2021年2月9日:

    冬場にガレージが凍って車を出すのに時間がかかったことはありますか?
    株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアシーズヒーターをガレージに埋め込むことにより、融雪、融氷をするので、車もスムースに出庫できるようになります。
    是非一度お問い合わせください。

  • 2021年2月5日:

    冬は雪で玄関が凍ってしまい、ツルツル滑って危ないという経験はございませんか?
    株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアシーズヒーターを玄関の床に埋め込むことにより、融雪、融氷をするので、滑って転ぶことがなくなります。
    是非一度お問い合わせください。

  • 2021年1月29日:

    自宅の駐車スペースが雪で滑って危ない!除雪の煩わしさから開放されたい!などの声にもシーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア株式会社熱学技術シーズヒーターが活躍しています。
    屋外部分にシーズヒーターを埋め込むことにより雪を効率的に融雪します。また、雪に合わせたシーズ材を使用した、高耐久のシーズヒーターなので、コスト面でもとても良いです。

  • 2021年1月22日:

    屋根に取り付ける融雪用ヒーターにもシーズヒーターは使われているって知っていますか?工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のシーズヒーターはサビに強い素材を使用しているので高い耐久力を持ち、長い間メンテナンスフリーで使用が可能です。ご自宅用、工場、社屋の屋根に是非ご利用ください。

  • 2021年1月15日:

    乾燥用に使用するフィンヒーターを知っていますか? 工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のフィンヒーターはヒーターに放熱を推進させるフィン加工を施し空気への熱伝導が向上し、コンパクト且つ高容量の設計が可能になるスグレモノです。是非お問合せください。

  • 2021年1月5日:

    水加熱ならば工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお任せください! シーズヒーター・フランジヒーター・プラグヒーター・投げ込みヒーターにて対応いたします。ヒーターのシース部分にスケール(水垢、炭水化物)が付着しますので、定期的に点検し、清掃してお使いください。

  • 2020年12月28日:

    気体加熱であれば工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお任せください!配管出口温度が650℃まで対応が可能です。シーズヒーター・フランジヒーター・プラグヒーターにて対応いたします。

弊社の環境方針を制定します。

 

                熱学技術 環境方針

 

株式会社熱学技術は、工業用電熱ヒーター、シーズヒーター及び熱関連装置の設計・開発並びに製作を手掛けてきました。私たちの製品に関する姿勢は、一つひとつの製品製造に置いて真摯な姿勢で取り組み、製品品質の向上と環境保全を図ることにより、お客様の満足を得つとともに地域社会いに対する責任を果たすことにあります。

私は、当社の事業かつ層にISO14001国際規格に準拠した環境マネジメントシステムを導入し、このシステムを効果的に推進するための指針として、環境方針を下記に制定します。

1.事業活動に適用される環境に関する法律やその他の要求事項を熟知し、それら要求事項を順守する。

2.環境負荷の低減を図るため、省エネルギー、省資源化を目指した事業活動を行う。

3.事業活動における廃棄物の減量化を進めると共に、生産工程における環境負荷並びに不良率の削減に積極的に対応することにより汚染の予防を図る。

4.環境マネジメントシステムの継続的改善と有効性を維持するために目的・目標を設計し、定期的に見直しをする。

5.全従業員に環境方針を周知徹底し、環境保全に対する意識の向上を、全員参加の5S活動(整理・整頓・清掃・定位置・定量・定品)を通じて実践する。

                                       2013年4月15日

                                       株式会社熱学技術
                                    代表取締役社長 八木幸子

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術