株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアへの電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら

熱の計算:空気(体積)を、温度上昇させるのに必要な容量

1atm(1013.3hPa)のときの値です。
計算できるのは、-100℃から1600℃までです。

数値または計算式を入力してから、[計算実行]をクリックしてください。

ある体積の空気を、温度上昇させるのに必要な容量

加熱する空気の体積A: m3
加熱前の温度B:
加熱後の温度C:
温度上昇させる時間D: 時間 
空気の質量E: kg
加熱後の空気の体積F: m3 
必要容量G: W

体積A[m3]、温度B[℃]の空気を、C[℃]までD[時間]で温度上昇させるためには、G[W]の容量が必要です。

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア技術資料|お問い合わせ

技術資料ラインナップ

基礎情報

融点と沸点

線膨張率

熱伝導率

比熱

加熱電力早見表

自動計算

質問事例

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術