シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 製品情報
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 システム
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 会社案内
電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら
シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術トピック
  • 2018年9月12日:

    粗密巻きカートリッジヒーターは熱版など周辺部の放熱が大きいものの加熱に放熱の大きい先端部と後端部の容量を放熱の小さい中央部よりも大きくしたヒーターを使用することにより均一な温度に加熱することができます。

  • 2018年9月5日:

    粗密巻きカートリッジヒーターとは一般のカートリッジヒーターと違い、一本のヒーターで部分的に容量(発熱量)を変えたヒーターです。

  • 2018年8月29日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは標準型、フランジ取付型、熱電対取付型、粗密巻きカートリッジヒーターなど様々なバリエーションに対応可能です。また、仕上がり径もかなりのバリエーションがありますので、一度お問い合わせください。

  • 2018年8月22日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターはホットプレート、溶着シール(包装・パックシーリング等)加熱、液体加熱などに使用ができます。

  • 2018年8月15日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは金型、金属ブロックの加熱、ダイス・印字加熱(パッキング装置、ホットスタンプ)などに使用ができます。

  • 2018年8月8日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターは優れた耐久性・堅牢性・耐衝撃性・耐振動性を持っています。

  • 2018年8月1日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作るカートリッジヒーターの中にも電気断熱材が入っており、こちらも当社オリジナル配合の電気断熱材となっております。

  • 2018年7月25日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術ではカートリッジヒーターの制作も始めました。今までシーズヒーターで培ってきた技術をカートリッジヒーターにも応用させ、熱電効率の高く、様々な状況でもしっかり温められるカートリッジヒーターとなっております。

  • 2018年7月18日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術で作られるシーズヒーターのシーズ部分はステンレス鋼、インコネル鋼、チタン鋼、アルミなど様々な素材で作ることが可能です。

  • 2018年7月11日:

    シーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術のシーズヒーターで使用する電気断熱材は当社オリジナル配合の他ではマネのできない電気断熱材となります。ぜひ一度使用してみてください。他社との違いがわかるはずです。

依頼・問合せ例 電気加熱の種類

電気加熱の種類

電気を使い加熱する方法を大きく分けると以下の4つの方法に分類されます。

1抵抗加熱(ジュール熱による加熱)
電気をよく通す物質(これを導体と言います)に電流を流すと、熱が発生します。
(この熱が発生する論理をジュールの法則と言います)
→シーズヒーターはこの抵抗加熱を利用して発熱します。

2マイクロ波加熱
樹脂や木材など、電気をあまり通さない材質の誘導体を、+-電極にはさんで高周波電圧を加えると、その誘導体の温度が上昇します。
誘導体の内部で起こっていることは、分子の極性がこの方向に並ぼうと運動して、隣の分子との摩擦です。
マイクロ波は、金属表面では反射しますが、誘電体には吸収され、分子が電界の向きに応じて回転・振動をし、摩擦熱で発熱します。 電子レンジはこの技術の応用ですね。

3誘電加熱
巻き線の中に金属材料を置き、交流電流を流すと、磁界が生じることにより金属材料に誘導電流が流れ、抵抗加熱により発熱します。

■IHコンロの仕組み
IH調理器は、コイルに25kHz付近の高周波電流を流して、それによって発生する磁力線が鍋の底を通過すると、そこにうず電流と呼ばれる電流が発生する現象を利用して鍋を温めます。
金属製の鍋の中でうず電流が流れると、金属の持つ電気抵抗によってジュール熱が発生して、鍋自体が発熱するというしくみ。
うず電流が流れてジュール熱を出すには、銅やアルミニウムなどの電気抵抗の小さな金属製の鍋では効率よく加熱されないのでNGです。
IHクッキングヒーター に最も適した金属は磁石がくっつく鉄の鍋です。ステンレスでも磁石に付くものなら使うことはできますが、熱効率は落ちるようです。

4ヒートポンプ
液体や気体には、「圧力を高くすれば温度が上がり、圧力を下げれば温度が下がる」という性質があります。たとえば自転車のタイヤに空気入れで空気を入れて いくとタイヤが熱くなりますが、これは、タイヤの中の空気の圧力が高くなることで、空気の温度が高くなっているからです。
ヒートポンプは、このような液体や気体の性質を利用して、熱を伝える媒体となる「冷媒」の温度を調整し、冷媒に接する空気や水の温度を変えるものです。

 

その他の依頼・問い合わせ例のご紹介(クリックすると各解答に移動します)

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術