株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニア

電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの方はこちら
トピック
  • 2021年1月22日:

    屋根に取り付ける融雪用ヒーターにもシーズヒーターは使われているって知っていますか?工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のシーズヒーターはサビに強い素材を使用しているので高い耐久力を持ち、長い間メンテナンスフリーで使用が可能です。ご自宅用、工場、社屋の屋根に是非ご利用ください。

  • 2021年1月15日:

    乾燥用に使用するフィンヒーターを知っていますか? 工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のフィンヒーターはヒーターに放熱を推進させるフィン加工を施し空気への熱伝導が向上し、コンパクト且つ高容量の設計が可能になるスグレモノです。是非お問合せください。

  • 2021年1月5日:

    水加熱ならば工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお任せください! シーズヒーター・フランジヒーター・プラグヒーター・投げ込みヒーターにて対応いたします。ヒーターのシース部分にスケール(水垢、炭水化物)が付着しますので、定期的に点検し、清掃してお使いください。

  • 2020年12月28日:

    気体加熱であれば工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお任せください!配管出口温度が650℃まで対応が可能です。シーズヒーター・フランジヒーター・プラグヒーターにて対応いたします。

  • 2020年12月21日:

    工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のフィンヒーターは全て国内の自社内で職人が一つ一つ丁寧に作り上げるものなので、お客様のオーダーメイドに合わせたフィンヒーターを作ることが可能です。
    ここにフィンヒーターをつけたいけど形状的に難しいかな・・・。というところでも一度工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお問合せください!

  • 2020年12月14日:

    工業用ヒーターのパイオニア熱学技術のフィンヒーターは全て国内の自社内で職人が一つ一つ丁寧に作り上げるものなので、お客様のオーダーメイドに合わせたフィンヒーターを作ることが可能です。
    ここにフィンヒーターをつけたいけど形状的に難しいかな・・・。というところでも一度工業用ヒーターのパイオニア熱学技術にお問合せください!

  • 2020年12月9日:

    様々な気体を加熱する場合も工業用ヒーターのパイオニアである熱学技術のシーズヒーターフランジヒータープラグヒーターがおすすめです。熱学技術では加熱する気体(空気)、加熱温度や流量によって適切なヒーターを提案させていただきます。

  • 2020年12月3日:

    冬のヒーターとして家電にもシーズヒーターが使われています。シーズヒーターは熱を発する電熱線を金属製のパイプで包んで保護し、電熱線と金属の間は絶縁物質で満たされているので、感電・漏電の心配が少ないです。

  • 2020年11月26日:

    寒いシーズンになってくるとコンビニでおでんを食べたくなりますね!コンビニのおでんを温める機械の中にも熱学技術のシーズヒーターが使用されています!シーズヒーターは耐久性が高く常に液体に触れている状態のヒーターとしては最適です。

  • 2020年11月18日:

    金属加熱用のヒーターならシーズヒーター電熱ヒーターの株式会社熱学技術にお申し付けください。シーズヒーター、カートリッジヒーター、鋳込みヒーターなど様々な形状、用途に合わせたカスタマイズ品をご用意いたします。まずはお問い合わせください。

よくある熱学技術株式会社への依頼・問い合わせ例のご紹介

 

シーズヒーターとは、金属製のパイプの中に、電熱線をコイル状にしたものを通し、金属パイプと電熱線が接触しないように、絶縁粉末を詰めて密封したヒーターのことです。
世の中のほとんどの工業製品の製作過程には熱を加える工程があり、それらに安全安心なシーズヒーターが使用されています。
電熱線をシース(鞘)に納めたその形状から、シーズヒーターという呼び方が一般的になっております。
熱学技術ではそんな工業用ヒーターのシーズヒーターを作っております。

シーズヒーターの特徴

・電気エネルギーが100パーセント熱エネルギーになりますので、効率が良い。
・熱量と電力量が等しいので、計測や管理が非常に容易である。
・そのため、温度コントロールも正確に行うことができる。
・商用電源がそのまま使用できる。
・発熱温度が幅広い低温から高温(限度800℃程度。推奨600℃)まで、
 多くの雰囲気中、液中において使用可能。
・電熱線が直接空気に触れないため寿命が長い。
・形状を自在に決められる。(最少R18 ※仕上径φ12の場合)
・空気中、真空中、水、薬品、などさまざまな雰囲気、液で使うことができる。
・金属シースで保護されているため非常に丈夫である。
・絶縁されているため直接取り付けることができる。
・ハロゲンヒーター等に比べると遠赤外線放出量が約2倍。
・シース表面にさらに追加効果加工を施すことができる。
 遠赤効果を最大限に高めたい→遠赤外線加工
 酸性液体に対して耐腐食性能を上げたい→テフロン被膜加工
 空気中で熱効率を高めたい→エローフィン巻き加工
 クリーンルームなどで使用する→電解研磨加工

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアよくある質問|シーズヒーター

シーズヒーターの構造

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアよくある質問|シーズヒーター

1.金属パイプ
電熱線を覆い保護するとともに、熱を効率的に放出する役割をしています。高耐食ステンレスを用います。用途によって、銅、チタン等も使用します。また、表面に熱伝導を高める処理を施すこともできます。

2.絶縁材
酸化マグネシウム粉末(Mgo)です。ニクロム線を金属パイプから絶縁させるため、パイプ内に充填します。

3.ニクロム線
ニクロムは抵抗値が大きく、電流を流すと効率的に発熱します。高品質NCHW線を使用しています。

4.ターミナルピン
ヒーターの電極となる部分です。

シーズヒーターの用途

・業務用調理器具
・プラントメンテナンス
・医療用高温蒸気発生器
・恒温槽
・ロードヒーティング
・各種プラスティック成形
・サウナ用ヒーター
・乾燥機
・燻製器
・血液解凍用
・プラント配管加熱
・温蔵庫
などがあります。

株式会社熱学技術 シーズヒーター 電熱ヒーター 工業用ヒーターのパイオニアよくある質問|お問合せ

その他の依頼・問い合わせ例のご紹介(クリックすると各解答に移動します)

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術