シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術製品情報
電電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術事業システム
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術会社案内
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術への電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら

シーズヒーター

シーズヒーターは、金属性シース内に、コイル状の発熱線があり、この間に、無機絶縁物(一般的にはマグネシア)が充填されているものです。
粉末状の無機絶縁物は、充填された後に、シースを減径(細くする)することにより、強固で、熱が流れやすい絶縁層になっています。

〈シーズヒーター選定における注意〉
シーズヒーターは、液体、気体、金属等の加熱に家庭用、工業用を問わず多くの製品で使用されています。
用途により、シーズ材、ワット密度等適切な設計・選定が必要となります。

シーズヒーターラインナップ

水加熱用シーズヒーター

各種容器の底面や側面等に取付けて直接液体を加熱する事ができるヒーターです。
取付方法はブッシング又は管用取付ネジを用います。
シース材は耐食性に優れたステンレス(SUS316L)と銅の2種類からお選びいただけます。

使用可能素材

SUS316L:

耐食性に優れた材質であり、更に電解研磨処理を施す事で粒界腐食・孔食等に優れた耐性を持ちます。その為、長寿命であり医療機器・食品機器・理化学機器等に適した材質です。

銅:

水(一般水)加熱専用としてお使いください。パイプ表面はニッケルメッキを施しており、大変長寿命の製品です。

水加熱用シーズヒーター形状ラインナップ

U字型 パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A B 取付ネジ
100/200 300 φ8 95 60 M12
100/200 500 φ8 150 60 M12
100/200 750 φ10 180 60 M14
100/200 1.0k φ10 240 60 M14
200 1.5k φ10 350 60 M14
200 2.0k φ12 385 60 M16

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

UL字型 パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A B 取付ネジ
100/200 300 φ8 95 60 M12
100/200 500 φ8 150 60 M12
100/200 750 φ10 180 60 M14
100/200 1.0k φ10 240 60 M14
200 1.5k φ10 350 60 M14
200 2.0k φ12 385 60 M16

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

コの字型(弓型) パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A B 取付ネジ
100/200 500 φ8 335 25 M12
100/200 750 φ10 395 25 M14
100/200 1.0k φ10 500 25 M14
200 1.5k φ10 730 25 M14
200 2.0k φ10 800 35 M16

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

渦巻き型 パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 φE H 取付ネジ
100/200 300 φ8 50 25 M12
100/200 500 φ8 55 35 M12
100/200 750 φ10 80 40 M14
100/200 1.0k φ10 90 40 M14
200 1.5k φ10 105 40 M14
200 2.0k φ12 115 50 M16

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

花型(単相) パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A φE H 管用
平行ネジ
200 1.0k φ8 130 60 45 G1 1/4
200 1.5k φ10 170 80 50 G1 1/4
200 2.0k φ10 190 90 50 G1 1/4
200 3.0k φ10 220 95 50 G1 1/4

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

花型(3相)  パイプ:SUS316L(電解研磨仕上げ) / 銅(Niメッキ仕上げ)
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 φE H 管用
平行ネジ
200 1.0k φ8 130 45 G1 ½
200 1.5k φ10 140 50 G1 ½
200 2.0k φ10 190 50 G1 ½
200 3.0k φ10 210 50 G1 ½
200 4.0k φ10 230 50 G1 ½
200 5.0k φ10 250 50 G1 ½

※上記仕様はシーズヒーターの水加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

油/薬液加熱用シーズヒーター

シーズヒーター、電熱ヒーターの熱学技術製品油/薬液加熱用シーズヒーターについて

油加熱用のヒーターは、ヒーター表面のワット密度を下げた設計となっており、油を安全に加熱する事ができます。
電気フライヤー等の厨房機器には最適です。
取付方法は、ブッシング又は板フランジ等を指定することが可能です。
シース材はステンレス(SUS316L)を使用しています。
薬液/溶剤加熱用のヒーターは、各種化学薬品等の加熱に使用できるヒーターです。
被加熱物によって、最適なシース材、ワット密度を提案いたします。

使用可能素材

SUS316L:

耐食性に優れた材質であり、孔食等に優れた耐性を持ちます。ヒーター表面は研磨仕上げを基本としますが、電解研磨処理又は遠赤外線コーティングを行う事も可能です。

チタン:

塩化物イオンに優れた耐食性、孔食性を持つので、海水(塩水)や化学薬品加熱に安心して使用できます。

フッ素コーティング:

ステンレス製のヒーターにフッ素樹脂コーティングを施し表面の付着物を除去しやすいヒーターです。フッ素樹脂の持つ耐食性は化学薬品加熱に安心して使用できます。また、フッ素被覆によりヒーターシースからの金属イオン等の溶出が微量な為、半導体装置等の純水加熱用としても使用可能です。

乾燥用/気体加熱用シーズヒーター

シーズヒーター、電熱ヒーターの熱学技術製品乾燥用/気体加熱用シーズヒーターについて

乾燥用/気体加熱用としてお使いいただけるシーズヒーターです。
用途としては、乾燥機、温風発生、ダクトヒーター等に取付けて使用でき、取付方法も絶縁ガイシやブッシング、専用の板フランジ等多様な取付に対応が可能です。
シース材は、SUS304を基本にSUS316LやNCF800も選択可能、パイプ径もφ12を基本にφ8~16まで豊富に取り揃えています。

乾燥用/気体加熱用シーズヒーター形状ラインナップ

ストレート型 パイプ:SUS304
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A B 取付ネジ
100/116/200 300 φ12 400 25 M5
100/116/200 500 φ12 600 25 M5
100/116/200 750 φ12 850 25 M5
100/116/200 1.0k φ12 1100 25 M5
200 1.5k φ12 1700 25 M5
200 2.0k φ12 2200 25 M5

※上記仕様はシーズヒーターの乾燥用/気体加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

U字型 パイプ:SUS304
電圧
(V)
容量
(W)
寸法例
シース径 A B 取付ネジ
100/116/200 300 φ12 200 60 M16
100/116/200 500 φ12 300 60 M16
100/116/200 750 φ12 400 60 M16
100/116/200 1.0k φ12 550 60 M16
200 1.5k φ12 800 60 M16
200 2.0k φ12 1100 60 M16

※上記仕様はシーズヒーターの乾燥用/気体加熱用代表例です。仕様は自由に設定していただけます。
ご希望の仕様はお問合せにてご質問してください。営業より連絡させていただきます。

金型/金属加熱用シーズヒーター

シーズヒーター、電熱ヒーターの熱学技術製品金型/金属加熱用シーズヒーターについて

金型、金属板加熱用専用のヒーターです。
金型を効率よく加熱する為に、ヒーターを埋め込む溝を掘り、耐熱セメントによりヒーターを固定して使用します。
また、金属板にサドルや耐熱セメントを使用して直接取付け加熱します。
必ずヒーター表面が被加熱物である金属に接触するよう取付けてください。
ヒーターの早期断線につながる恐れがあります。

株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術