シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 スペーサー
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術製品情報
電電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術事業システム
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術会社案内
電熱ヒーター シーズヒーター 熱学技術への電話でのご相談お見積り依頼はこちら 0285-72-5766(代)HPよりお問合せの片はこちら

鋳込みヒーター


シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 鋳込みヒーター

アルミ鋳込ヒーターはアルミ鋳物の中にシーズヒーターを鋳込んだもので、原則的には被加熱物に密着させて、その伝導熱を利用して加熱するのに用います。
一般的には射出成形機や押出成形機のシリンダーやダイスの加熱及びゴム成形プレス等の金型に装着して加熱するのに最適のヒーターといえます。用途的にはバンドヒーターやスペースヒーターと似かよった点がありますが、耐振動性、耐衝撃性及び耐久性には卓越した特長を有しており、相当苛酷なご使用にも耐え得る構造となっております。
カートリッジヒーター従って、近時その用途は益々多方面に拡大されております。
このヒーターのベースにはアルミ鋳物を使用している為熱分布が均一で、被加熱物に対して最高の温度分布効果を与えることができます。 ヒーターベースの表面許容温度は400℃ですが被加熱物との接触面の機械加工精度を上げることにより、最大の熱効率を得ることができます。尚他ヒーターにない特長として、形状の多用性はもちろん、シリンダー等の加熱に際し、ヒーター自体に冷却用のフィンをつけたり、内面に冷却溝を付けることができます。又ベース中に冷却パイプをエレメントとともに鋳込んで、急冷・急熱の温度制御を行うことも可能です。

許容電力密度

被加熱物温度℃ 一般機械加工面W/c㎡ 射出成形機シリンダー面(上仕上以上)W/c㎡
100 6.5 7.5
150 5.5 7
200 5 0.5
260 3.2 5
320 1.8 5.5

電力密度

電力密度の算出はシリンダーへの接触面積を基準にします。
即ち 電力密度 シーズヒーター 電熱ヒーターの株式会社熱学技術 鋳込みヒーター電力密度 電力密度の選定には別表を参照に設計下さい。

この場合でもスペースヒーター間様高温度で使用される場所には、できる限り低電力密度に設計することが、ヒーターの寿命を長くする上で重要な要素となります。
株式会社熱学技術コンタクト 株式会社熱学技術
電熱シーズヒーターの熱学技術